相手に与える印象も違ってくる、名刺に人気の3つの素材

ビジネス用名刺の定番・マット紙

相手方に自分の存在を教えるという役割上、名刺は文字の大きさやフォントの種類など一見些細な要素が違っても与える印象が大きく異なってきます。今回は名刺を印刷する際に人気となっている三つの素材を、それぞれが持つ印象の違いと共にご紹介いたします。まず名刺の素材でも極めてポピュラーなのが、表面に塗料がコーティングされたマット紙です。インクジェッタプリンタで印刷した時に出るようなにじみがこの用紙には一切つかないので、名刺の素材として重宝されています。質感が柔らかめで、相手に落ち着いた印象を与えるので、ビジネス用の名刺としては最適です。

カラフルな名刺の印刷に最適・光沢紙

二つ目に挙げたい素材は、表面に見える光沢が特徴の光沢紙です。光沢が目立つの表面に特殊な塗料が塗られているからなのですが、そのおかげでカラフルな画像などを色鮮やかに印刷することができます。光沢の付いた表面に鮮やかな画像を印刷できれば、高級感のある名刺が作れます。絵や写真などを利用した、デザインにこだわった名刺を作りたいという方にはおススメです。ただ表面に加工がなされているために、マジックなどでないと書き込みができないという難点があります。

落ち着いた印象に加えて書き込み易さも備えた上質紙

三つ目に挙げたい素材は、ザラザラした質感が特徴の上質紙です。紙としては名刺だけでなくコピー用紙やノートなどにも利用されている素材ですが、名刺の存在としては、マット紙などよりもさらに落ち着いた印象を与えます。利点は表面が加工されていないために、ペンや鉛筆などで容易に書き込みができるということです。一方で画像や写真などを印刷すると、くすんでしまうという欠点があります。

封筒印刷を手掛けている業者には、インターネットを通した注文に対応しているところも多いので、急を要する時でも素早く依頼できます。