内定者フォローは必要?現代社会の内定事情

内定者が働き始めないリスクの存在

就職活動をしている人は内定を受けたらその企業に就職して働くというのが当然と考えるでしょう。苦労して就職活動を行って内定を受けたからには採用する側としても必ず入社してくるだろうと考えるのは当然です。しかし、実際には内定辞退をしてしまって働き始めることなく終わってしまうという人が増えているのが現状であり、企業としては想定していた数の新卒を獲得するのが難しい状況が生まれています。それを想定して多めに内定を出してしまい、全員が入社してしまうとなっても困ってしまうでしょう。必要な人材を必要な数だけ獲得するのが採用活動の際には重要なことであり、何とかして内定辞退を減らさなければならない状況ができているのです。

内定者フォローとは何か

内定者フォローとは内定辞退を減らすための取り組みというのが基本的な考え方です。内定を受けてから入社するまでの期間に内定者とのコンタクトを欠かさないようにして入社に対するモチベーションを維持するのを目的として行われるようになってきました。内定者同士の懇親会を先輩を交えて行ったり、社内見学などの機会を設けて社員教育を兼ねてつながりを強めたりするのが一般的な方法です。このような形で内定から入社までの間に企業とのつながりを強めていくことが内定者フォローの基本方針として行われています。中にはセミナーの実施などを行って速やかに業務を始められるようにする内定者フォローもあり、多様化が進んでいるのが現状です。

あいさつなどの一般常識を専門としている企業に依頼して、自社で社員教育することができます。わかりやすく解説してもらうことができるので人気があります。