経営の安定化を図るには!?事業継承のポイント

早期の後継者の選定が肝心

事業継承で挙げられるのが人の問題で、後継者が不在であったり、後継者サイドが経営を継続する覚悟が出来ていない場合があります。また、後継者を支える幹部の教育が出来ていないと、事業継承に支障が生じる可能性があります。後継者の選定は、現経営者の果たすべき責任の最たるもので、候補者本人の認識や覚悟を事前に整えておく必要があります。それ故、早期の候補者選定が肝心になり、同時に後継者を支える幹部の育成、そして事業者全体の雰囲気作りに取り組むことが大事です。

贈与税や相続税の問題

事業継承の際の課題としては、資産承継時の贈与税や相続税の問題があります。一方、自社株が分散していたり、事業用資産と個人用資産の区別が不明確な場合があります。世の中的には、自社株や事業用資産は後継者に承継させ、経営承継の円滑化を図る必要があります。その為には、資産の属性を明確にしておくことが肝心で、事業に必要な資産の活用余地を増やしておくことが大事になります。それによって、増税や相続税の問題をクリアにでき、新たな後継者も経営に専念することができるわけです。

事業を円滑に遂行するために

事業継承で最も肝心なのは、「事業」を「継承」することで、持続性のある会社作りが重要になります。その為には、自社の強味を理解した上で、同時に課題となる弱みも知る必要があります。そして、経営者としては、常に事業環境の変化に注意を向けていることが肝心です。即ち、個人財産につての相続税対策は、資産承継に関する取り組みの一部に過ぎないということです。会社経営の立場からは、経営の安定化が何よりも重要となり、事業を円滑に遂行するために自社株や資産を後継者に集中するべきだと言えます。

事業承継は主に自身の息子にするというのが一般的です。中には、他人を選ぶ場合がありますが、経営方針など意思の通じ合った相手を選ぶのが普通です。